記事一覧

もうすぐ3連休

週末に関西から友人が来ることになりました。

まだどこへ行くか決めてないけど、最近全然出かけていなかったので
楽しみです~

3連休だからどこへ行っても混んでるだろうけど
久々に会うから話も尽きなさそうだし

さてどこへご案内しましょうかね


ところで、最近は2週間おきに図書館へ行く習慣がついてしまいましたが
少し前に予約を入れておいたら、この本が入り↓早速通勤時に読み終えました。
ブラを捨て旅に出よう 貧乏乙女の“世界一周”旅行記 (講談社文庫)ブラを捨て旅に出よう 貧乏乙女の“世界一周”旅行記 (講談社文庫)
(2012/07/13)
歩 りえこ



私は初めてこの著者の方を知ったのですが
リエコ・J・パッカーという別名(?)は以前ネットか何かで見た覚えがありました。
そして(ああ、この人のことだったのか…!)と。

2005年~2007年にかけて、5大陸90ヶ国を女一人旅した、
うら若き乙女の貧乏旅行記という名目ですが
正直世界一周旅行記は、最近は珍しくもなんともないのであまり期待せずに読み始めたんです。

ところが、見事にやられました(笑)

今まで読んできた世界一周旅行記が、
男性一人旅もしくはカップルでの2人旅ものばかりだったので
女一人旅だと、度肝を抜かれるようなことが連発。

そんな場所に一人で行って大丈夫なの!?と思う場所もありましたが
何しろ文章にキレがあって、テンポがいい。

まるで彼女が旅行しているのを、目の前で見ているかのようにリアルなんです。

先月末に日本人ジャーナリストが銃撃され、今もなお内戦の激戦地となっている
シリアのアレッポも、少しですが登場します。

以前、深夜特急を読んだときだったか、
アフガニスタンも実はすごく美しくて穏やかな人々が生活している、
と書かれているのを読み、現在の紛争や自爆テロが続いている国と同じ国だとは
とても思えないと思ったのを思い出しました。

最近は、海外旅行に行く若者が減りつつあるとよく耳にしますが
実際、こういう本に感化された若い女性が、1人で中東やアフリカ、南米に行くのは
やはり危険が高いとは思います。

実際、この本の著者も途中何度となく危ない目に遭っています。

女性だから損してるな、と思えば、これは女性だから得してるな!と思ったのと
半々くらいですが、危ない目に遭いながらも無事に帰国できたからこそ
これだけ面白い旅行記が書けたんだろうな、とも思いました。

それにしても、90ヶ国をまわったうちのこの本に載っているのは20ヶ国だけなので
できれば続編も出てほしいな~と、すっかり魅了されてしまった私なのでした
スポンサーサイト

コメント

しってる!

これ、雑誌かな?テレビかな?
なんかで見かけて気になってたの!
やっぱ面白いんだね!

読んでみるー!

★あさえちゃん

図書館で借りたけど、面白かったのでまた何度でも読みたくなりそう。買っちゃうかも!(笑)おすすめだよ~。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピコ

Author:ピコ
大の旅行好きアラフォー会社員です。

海外旅行はアメリカとアジアを中心に
現時点で16回、
国内もあちこち旅してます。
JAL/ANA/UA/DLのマイラーです。

カメラはSONYのNEX 5Rを愛用中。
旅行以外に好きなもの。
インコ・写真・飛行機・読書・音楽
美味しいものを食べること。

◎現在保有のマイル◎

(※2017.7.23現在)
JAL/32,561
タイ国際航空/868
UA/3,027(Exp:2018/3/31)
ANA/3,143
デルタ/10,500

ANAとUAは実際に搭乗した際のマイルがほとんどですが
JALについてはJALカードSuica
決済だけで貯まったマイルです。

カウンター

Ads by Google

スポンサードリンク

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: